スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要約:歩きすぎて足が痛いっす

お久しぶりです。今更ブログを更新しても誰にも見られない可能性が高く、それではブログをやっていく意味がないのではということに気づき急きょTwitterと連携させたいっそんです。

今日はあのニコニコ超会議におじゃまいたしました。自分の住んでいるところから会場の幕張メッセまでの距離、そしてイベントの規模を考えると始発必須という結論になったので問答無用の四時起き。眠たい体を起こして片道二時間近くの電車旅が始まりました(今の時期だと朝の四時でもわりと明るい)。
東京駅に行くまでは僕と同じ志しをもってそうな人はいませんでしたが、京葉線の電車に乗り込むとそれっぽい人たちがわんさか。ついつい舞浜で降りたくなる衝動に駆られますが(∵夢の国)、そこはぐっとこらえて海浜幕張駅までGO。


会場に着いてから三時間半ほど並びました。いつぞやの物量やばい系の店で並んだときに比べたらたいしたことはなかったですね。事前のリサーチで開場時間になっても実際に会場に入れるのは一時間後という情報を得ていたのですが、今回はそんなことなく割とスムーズに入場できた希ガス。

入場してまず私はとある同人CDを手に入れるべく移動しました。思ってたよりも列が形成されていたので一瞬焦りましたが数を多めに用意してくださったようでなんとか手に入りました。歌い手のそらるさんが手渡ししてくださいました。

続いて向かったのはCDを買った場所からけっこう離れてるSplatoonというゲームの体験エリア。来月任天堂からでる注目のゲームなんですが、個人的にも超注目してるタイトルなので楽しみにしてました。
ところが(英語でいうとBUT)、実際にプレイしてみると操作がすごく難しく感じました。Wii Uのゲームパッドを動かして画面の操作をするのが慣れなさ過ぎて苦労しました。カメラワークがよく変わるようなゲームはあまりやったことなかったので・・・。やりこみさえすればなんとかなるんでしょうけど・・・・・・たぶん買わないっすなぁ。

そしてこのブースの横でやっていたごちうさのブース。ランニングバンジーで目の前にある抱き枕をつかみ取る。なんかものすごくアレな企画。しかし、ここで私は見て見ぬふりしてやり過ごすのではなく勇敢にも挑戦することを決意したのです(ほとんど記念受験みたいなノリ)。そんな面白くないのでさっさと結論から言うと全然ダメでしたねー。
ただまぁ、見事つかみとりその抱き枕を「裸の状態で(袋とかに入れないで)」渡される強者をみると取れなくてもよかったかもしれないと思った。

すばやく目的を達成させた後は会場全体をぶらぶらしました。素人さんの歌ってみたステージを見たり(抽選にエントリーしたものの無事に落選した僕)、ゲーム実況ステージをチラ見したり、リアルこなあああああああああああゆきいいいいいを体感したり(ご本人様降臨)しました。最後にアイマスのステージで盛り上がったところで帰宅の途につきました。


思ってたよりもいろんなものを見れたので個人的には満足のイベントでした。機会があったら来年も出没するかも。



次の更新はいつになるんでしょうね(他人事)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

俺も千葉県にいたら行きたかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。