スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※この記事はipadからお届けします

突然ですが、「カッタの湯」という施設をご存じでしょうか?


カッタの湯とは、僕の地元山口県にある施設である。この言葉を初めて目にすると、「温泉施設かな?」と思われるかもしれません。私もそうでした。
ですがフタを開けると、温泉施設などという簡単なワードでは片付けられないすんばらしい所だったのです。


時間をGW直前まで戻して話しましょう。
GWが始まるということはすなわち「例のイベント」が間近に迫ってるということ。そのことを考えてココロオドっていたときに母上から連絡が入りました(例のイベントについては後日記事にする予定)。
どうやら今話題(?)のマイナンバーカードを交付するために地元に帰って来いとのこと。正直そんなつもりは無かったのですが、仕方なく帰省を決意。
ついでに地元の友人と遊べないかなー、と思い連絡をしてみると友人Y.Sがこんな事を言ったのです。

「それならカッタの湯でmaimaiオールだなwwwwww」

maimaiとは、私がやっている洗濯機みたいな音ゲーのことです。それのオールとはすなわち、朝まで寝ずに洗濯機を叩くということ……!
以前からmaimaiオールに強い憧れを抱いていた私は快く承諾。GW中に男3人でmaimaiオールが決まった瞬間である。


帰省当日。昼間は東方projectフルオーケストラ公演「幻想郷の交響楽団」があったので夜に山口に帰りました。ちなみにこの公演、控えめに言って神でした(語彙力を投げ捨てた評価)。
最寄り駅に着いた私は友人N.S氏の車でカッタの湯に降り立ちました(ありがとう!)。
初めてカッタの湯に来たわけですが、まあとにかくすごいところ。銭湯はもちろん、ご飯も食べれて漫画も読めて卓球やビリヤードやバッティングセンターでも遊べて、その気になれば宿泊もできるという超万能施設だったのです。
そこで晩御飯と入浴を済ませた私たちは、日付が変わるぐらいの時間から、maimaiオールを決行しました。
当然maimaiが置いてあるということはゲームコーナーが存在するわけですが、なんとこのゲームコーナー24時間営業!!!しかもラインナップが超ガチ!!温泉施設のおまけコーナーとは思えません。むしろここは超便利なゲーセンなのではなかろうか。そのような錯覚すら起こすほどです。
男3人で6時間近く回して遊びました。眠さはありませんでしたが、肩と腕がぶち辛かったです(唐突の山口弁)。


山口に生まれて21年経ちますが、このような素晴らしい施設があるとは知りませんでした。
カッタの湯という存在を誇りにしていきたいですね!!

続きを読む»

サードシーズン

あけましておめでとうございます!!!!
2016年もよろしくお願いします!!!!!!



明日から大学生活三年目が始まるので一応区切りとして更新しようと思い立ったいっそんです。
ゆるーく気まぐれに更新するというのが当ブログのテーマなんですが、さすがにゆるすぎました。気まますぎましたね。
前回の記事からもう半年近くたとうとしてます()
Facebookは通知がうっとうしいなどの理由で手放してしまったので、自分の思いの丈を綴る場所がここだけになってしまいました。自分が思っていることや心の内に秘めていることを文章にするのは精神衛生上良いという話をどこかで聞いたことあるようなないような感じがするので、今年度こそはそれなりのペースで、少なくとも今までよりは頑張りたいっす。うっす。


さて、先述したように明日から大学生活三年目が始まります。早いもので大学生後半戦です。二年目は本当にヤバかったです。留年するかも的意味でね☆
もう電気回路に対して拒絶反応を起こす体になってしまいましたが、三年はどうなんでしょうね。時間割はすでに判明しているのですが空きコマなさすぎて絶句してしまいました。世界はこんなにも残酷になれるのかと。


すでにこの現実から背を向けて猛ダッシュしたいですが、頑張って生きていく所存であります。

続きを読む»

21歳児

つい先日無事に21回目の誕生日を迎えられました。今年もたくさんの方々に祝っていただいて、自分は恵まれていることを実感しました。みなさん、ありがとうございました。

21歳になっての心境の変化というものはびっくりするほどに無いです。むしろ「また死への階段を一段上ってしまったな...」と思ったくらいです。世間的にはおじさんの部類に入ってしまうのか........いや、まだそんなことはないはずです。ピッチピチとは口が裂けても言えませんが、一定の水準の好青年っぽさはあると信じていきたいです。


誕生日を迎えた僕を最初に待っていたのは、高校のLINEのグループにて僕のクソコラ画像が咲き乱れる、通称"いっそんクソコラグランプリ2015"でした(一年ぶり二回目)。今年もレベルの高いクソコラがたくさんあって感動の涙を禁じえませんでした。これからも幅広い素材を提供できたなぁ、と思う所存であります。詳しくは私のところまで。

この日は午前中で大学の講義が終わったので昼から我が家でパーリ―が開かれました。今年は大学の友人たちが個性あふれるプレゼントを用意してくれました。なんというか........うん、ほんとバリエーションがすごかったです()
そんな中チョコレートフォンデュが楽しめるものが。我々がやるべきことは一つ。男だらけのチョコレートフォンデュ会です。材料を用意してチョコも溶かしてさっそくスタート。意外としっかりしたもので十分に楽しめました。個人的にはねるねるねるね×チョコフォンデュを推したいですねえ。

その後は大富豪やスマブラをたしなんで夕方ごろに解散となりました。たくさん遊べて楽しかったです。来年はもーっと楽しい誕生日になれたいいね、ハムタロウ?


そんな感じで、長らく更新してなかった当ブログとフェイスブックのどっちが更新が早いか対決は、当ブログの勝利となりました。イカやろっと。

要約:歩きすぎて足が痛いっす

お久しぶりです。今更ブログを更新しても誰にも見られない可能性が高く、それではブログをやっていく意味がないのではということに気づき急きょTwitterと連携させたいっそんです。

今日はあのニコニコ超会議におじゃまいたしました。自分の住んでいるところから会場の幕張メッセまでの距離、そしてイベントの規模を考えると始発必須という結論になったので問答無用の四時起き。眠たい体を起こして片道二時間近くの電車旅が始まりました(今の時期だと朝の四時でもわりと明るい)。
東京駅に行くまでは僕と同じ志しをもってそうな人はいませんでしたが、京葉線の電車に乗り込むとそれっぽい人たちがわんさか。ついつい舞浜で降りたくなる衝動に駆られますが(∵夢の国)、そこはぐっとこらえて海浜幕張駅までGO。


会場に着いてから三時間半ほど並びました。いつぞやの物量やばい系の店で並んだときに比べたらたいしたことはなかったですね。事前のリサーチで開場時間になっても実際に会場に入れるのは一時間後という情報を得ていたのですが、今回はそんなことなく割とスムーズに入場できた希ガス。

入場してまず私はとある同人CDを手に入れるべく移動しました。思ってたよりも列が形成されていたので一瞬焦りましたが数を多めに用意してくださったようでなんとか手に入りました。歌い手のそらるさんが手渡ししてくださいました。

続いて向かったのはCDを買った場所からけっこう離れてるSplatoonというゲームの体験エリア。来月任天堂からでる注目のゲームなんですが、個人的にも超注目してるタイトルなので楽しみにしてました。
ところが(英語でいうとBUT)、実際にプレイしてみると操作がすごく難しく感じました。Wii Uのゲームパッドを動かして画面の操作をするのが慣れなさ過ぎて苦労しました。カメラワークがよく変わるようなゲームはあまりやったことなかったので・・・。やりこみさえすればなんとかなるんでしょうけど・・・・・・たぶん買わないっすなぁ。

そしてこのブースの横でやっていたごちうさのブース。ランニングバンジーで目の前にある抱き枕をつかみ取る。なんかものすごくアレな企画。しかし、ここで私は見て見ぬふりしてやり過ごすのではなく勇敢にも挑戦することを決意したのです(ほとんど記念受験みたいなノリ)。そんな面白くないのでさっさと結論から言うと全然ダメでしたねー。
ただまぁ、見事つかみとりその抱き枕を「裸の状態で(袋とかに入れないで)」渡される強者をみると取れなくてもよかったかもしれないと思った。

すばやく目的を達成させた後は会場全体をぶらぶらしました。素人さんの歌ってみたステージを見たり(抽選にエントリーしたものの無事に落選した僕)、ゲーム実況ステージをチラ見したり、リアルこなあああああああああああゆきいいいいいを体感したり(ご本人様降臨)しました。最後にアイマスのステージで盛り上がったところで帰宅の途につきました。


思ってたよりもいろんなものを見れたので個人的には満足のイベントでした。機会があったら来年も出没するかも。

続きを読む»

十六夜シーイング

どうも、久しぶりの更新です。まだ生きてます。
明日から大学の後期が始まるということで、これまでの生活を振り返ってみようぜBABY!、というスタンスです。
久しぶりすぎてどんなテンションで書けばよいか忘れてしまいましたが、気にせずレッツゴー。


まず、前回の記事で触れた雨漏りの件ですが、修復に時間がかかるということで引っ越しという処置をとらせていただきました。住み始めて四か月で引っ越しとか早すぎるとは思ったけどこればかりはしょうがない。
今となっては新住居も気に入り始めたのでまあ良しとしよう。

お次は夏休みの話題。大学に入る前は「人生で一番長い夏休みだぜヒャッハー!」と思っていました。そう、あの時までは。

蓋を開けてみたら、人生で二番目に短い夏休みだった事を知ったのは入学式前のオリエンテーションだった(ちなみに一番短い夏休みは浪人時代)。

わずか二週間近くの貴重な夏休みは、すべて地元で過ごすことにした。その移動の際に一人飛行機デビューを飾った。ちょっとワクワクした。
地元の友達や家族と共に過ごした夏休みはそれなりに充実してたが、やっぱり短い。


夏休みが終わると同時に、テストが迫ってきた。事前の準備が甘すぎたゆえにヒィヒィ言うはめになってしまった()


とまあこんな感じで超ざっくり振り返ったわけだけれども、明日から大学一年目の折り返しとか未だに信じられない節がある。時の流れは早いよ。マジで。

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。